MENU

脳梗塞 サプリ

脳梗塞には起こりやす時間帯があります。それは午前4時〜12時にかけて。この時間帯に脳梗塞が起こりやすいのは、次のような理由が挙げられます。

 

・睡眠中の水分不足により血液の粘度が上がる。
・副交感神経の働きで血圧が下がり、血流が悪くなる。
・起床して交感神経が活発になり、血圧が急に上がる。

 

また、年齢を重ねて血管のしなやかさが失われると、他の病気のリスクも高くなります。日頃から、血液をサラサラ状態にすること、血管をしなやかにすることで、脳梗塞を予防しましょう。それには、DHA・EPA・ナットウキナーゼが最適。ナットウキナーゼは血栓溶解作用もあり予防にひと役買ってくれます。

 

 

きなりの特徴

血液ドロドロも、血栓も気になる方にオススメしたいサプリです。新素材クリルオイルのおかげで、DHA&EPAを劣化させることなく、そのまま摂れます。クリルオイルは、吸収率がよいのも自慢!さらに血栓溶解作用のあるナットウキナーゼも配合しています。1日めやす4粒に、DHA&EPA500r。いつもの食事では不足する分を手軽に補うことができます。DHA&EPA&ナットウキナーゼで、脳梗塞予防に嬉しいサプリです。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 1日めやす4粒。DHA&EPA500r配合

 

 

大正DHA・EPAの特徴

飲み忘れが心配な方にオススメしたいサプリです。1日分が1袋のアルミ個包装になっています。持ち運びしやすいので、どこでも飲めて、飲み忘れの心配もなくなります。1袋にDHA&EPAを600r配合。飲みやすく溶けやすいソフトカプセルは、製薬会社ならでは。アルミ個包装が成分を劣化から守ってくれるので安心です。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 1日1袋。DHA&EPA600r配合

 

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

魚が苦手なのという方にもオススメのサプリです。1日めやす1包は、持ち運びにも便利なスティックタイプになっています。1包に、DHA&EPAが750r配合されています。魚が苦手であまり食べないという人でもDHA&EPAを手軽に補給可能。直径が約3oと超小粒タイプのシームレスカプセルなので、粒は苦手という方にも。アルミ個包装で成分の劣化を防止しています。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 1日1包。DHA&EPA750r配合

 

脳梗塞リスクを下げるなら生活習慣の改善は基本!

 

脳梗塞の予防・再発予防のためには、生活習慣の改善が重要です。身体に悪い習慣の中には、生活習慣病につながるものも多く、特に血管に影響を与えるものは脳梗塞の危険因子になることもあります。

 

たとえば、喫煙はその中のひとつです。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させて脳への血流を悪くしますし、高血圧の原因となってしまいます。内臓や肺にも多大な負担をかけてしまいますから、できるだけ禁煙することが望ましいです。

 

また、話題のメタボも高血圧・脂質異常症・糖尿病などを抱えるために脳梗塞の危険因子となってしまいます。その前段階としての肥満にも十分に注意を払いましょう。

 

これらは動脈硬化を生じさせやすく、脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気をもたらすリスクを高めてしまいます。食事や運動、睡眠など自身の生活を見直していきましょう。

 

運動が普段から不足している人も実は脳梗塞のリスクが高い人です。一番の理由は肥満になりやすいということになるのですが、ほかにも運動不足の人は血管が細くなりがちで、血管がしなやかさを失いがちです。そのために血管の破裂や血栓を作ることもありますから、普段からある程度の運動はしておくようにしましょう。

 

普段から疲れやストレスを溜め込みやすい人も要注意です。疲労やストレスは自律神経のバランスを崩し、体の正常な機能を阻害しやすくなります。疲れないように、ストレスをためないようにというのは難しいものですが、まずは睡眠の質と時間をしっかり確保できるように生活の中で工夫してみるのが良いでしょう。

 

耳の痛い話も多いですが、普段の生活がそれだけ大事です。脳梗塞のリスクを下げるために、できる努力を行っていきましょう。

 

脳梗塞予防サポートに!サプリ成分を摂ろう

 

健康食品やサプリメントでは、今や血液サラサラが大ブームになってきています。これは、日本人の病気の中でも特に血管に関するトラブルが多いことが背景にあると思いますが、特に充実した引退後の生活を考えている世代では、この血液のトラブルをなくして健康的にすることが、引退後の充実度に大きく関わっているようです。

 

注目されている血液サラサラ成分の代表はアリシンです。アリシンという名前を直接耳にする機会は少ないかもしれませんが、ニンニク・玉ねぎ・長ネギなどに含まれている成分です。玉ねぎドレッシングなどに血液サラサラ効果があるとよく言われていますが、それはこのアリシンがあるからです。

 

また、普段食べている納豆もこの血液サラサラ効果のために再評価されるようになっています。納豆の酵素であるナットウキナーゼは、血栓を溶解させて脳梗塞を予防したり、高血圧・コレステロール値を改善する効果があることがわかっています。特筆すべきは、一度できてしまった血栓を溶かす作用があるということで、できる限り食べておくと血管のトラブルを少なくすることができそうです。

 

また、DHA・EPAをはじめとするオメガ3の脂肪酸は血液中の悪玉コレステロール値の上昇や中性脂肪を低下させる作用があります。また、脳への血流を改善する働きが強く、脳神経の活性化にも有効とされています。

 

ゴマなどに含まれているセサミンもまた、血中の中性脂肪を抑制したり、肝臓の健康状態を維持・改善するために有効とされています。

 

その他にも酵素やポリフェノールなど多くの健康成分が血液をサラサラにするために利用されています。こういった成分を考えながら食事のメニューを考えていくと、血流の改善は難しいことではありません。

 

こんな人は注意!脳梗塞になりやすい人

 

脳梗塞というと、脳に対する血流が滞ってしまうために、脳細胞が死んでしまって脳に深刻なダメージをもたらし、時には命の危険にもつながる恐ろしい病気です。

 

当然誰もが予防したいと考えると思いますが、どういった人に発症しやすいのかをまとめましたので、予防の参考にしてもらえたらと思います。

 

まずは、何といっても「血圧の高い人」です。高血圧が体によくないことはよく知られていますが、具体的には最高血圧が140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHg以上の場合に高血圧と言われ、治療が必要となります。

 

高血圧は血管に大きな負担となり、血管の破損や動脈硬化、血栓ができやすくなるなど、血管のトラブルを引き起こしやすくなりますので最も気をつけておくべき項目です。

 

次に、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病に気をつけましょう。それぞれ、血液中の糖分と脂質の濃度が非常に高くなっている状態です。これらは血液をドロドロにし、血管壁に付着しやすい状態を作り、血栓ができやすい状態にしてしまいます。また、血液が流れにくくなるため、それを押し流すために血圧が上がるために高血圧の危険性を高めます。

 

肥満と脳梗塞の発症は実は関係しています。いわゆるメタボでは、この肥満状態にくわえて上記の脂質異常症・糖尿病・高血圧のどれか2つを併発している状態を判定しています。これらは脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めるので注意しておくべきです。

 

その他にも、心房細動、痛風などの持病や、喫煙などの生活習慣がある人もリスクが高まると言われています。命の危険性を遠ざけるためにも、常に血管や血液の状態を良好に保つようにしましょう。

 

脳梗塞の原因!動脈硬化に注意!

 

脳梗塞の原因として多く見られるのが動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈が硬くなることを意味しますが、これがどうして問題になるのかというと、血管というのは本来はしなやかで柔軟性があることによって、拡張や収縮をしながら血液を送り出しています。

 

しかし、これがまったく動かなくなってしまうと、血管から血液を送り出すためには心臓が頑張って血液を押し込まなければなりません。これが血圧で、血管の収縮による作用がなくなると血圧が高まり、しかもそれでも末端に行くほど血液の流れはとどこおってしまいます。

 

結果、血管にとっては負担のかかる状況ができてしまうために、血管障害が増えるようになります。これが脳に起これば多くの脳疾患、心臓付近に起これば心疾患の原因となります。

 

また、動脈が固まることによって、動脈は傷つき壊れやすくなります。動脈が破れてしまうとそこから出血したり、破損部分に血液が付着して血栓などを作る原因になります。

 

動脈硬化を引き起こす要因は、血液中の中性脂肪やコレステロールなどが溜まると考えられていて、それらを引き起こしやすい高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などには十分注意をしておく必要があります。

 

運動や食事によって血中の脂肪やコレステロールを抑制することはもちろん、普段から血圧の管理や血管の状態を維持するために抗酸化作用のある物質を摂取するようにしましょう。また、高血圧を引き起こす塩分の摂取を控えることや、水分不足に注意することも重要です。

 

脳梗塞がくる…?前兆はどんなもの?

 

脳梗塞が発症する場合というのは、急に異常が生じると思っている人が多いですが、時には初期症状として、ろれつが回らなくなったり、言葉がうまく出てこなくなったり、顔の片側だけがマヒしたり、目の見え方に異常が生じるなどのトラブルが生じます。

 

こういったものに早く気づくことができれば、それだけ重症になる可能性を低くすることができます。脳梗塞の前兆となる症状は一過性の脳虚血発作といい、血栓ができて脳に十分に血液が供給されないために脳の機能に影響が出てしまっている状態です。血流が正常に戻れば症状が消えます。これらの症状が通常20〜30分ほど続き、長くても24時間以内には落ち着きます。

 

一過性とはいえ、脳のトラブルとしてしっかり考えて医療機関を早めに受診しましょう。こういった前兆がある場合、5〜6人に1人は3ヶ月以内に脳梗塞を起こすとされています。さらに、その中の半数は2〜3日の間に発症するとされています。

 

一過性脳虚血発作のチェック方法として「FAST」を覚えておきましょう。「FAST」とはFace(顔)Arm(腕)Speech(言葉)Time(時間)の頭文字を取ったもので、顔の麻痺の確認、腕の麻痺やしびれの確認、言葉の異常の確認、急いで救急車を呼ぶといった対応についてまとめたものです。

 

脳梗塞の症状は、どこの血流が止まったのか、細胞がダメージを受けたかで症状が変わるので、まずは上記のようなチェックをし、異常が見られたらすぐに救急車を呼びましょう。

 

脳梗塞は再発するの?防止のポイント

 

脳梗塞は脳卒中のひとつに数えられ、そして死因としても非常に多いものとなっています。たとえ一度難を逃れたとしても、脳梗塞は再発しやすい病気であるために再発防止の努力が必要となります。

 

脳梗塞の年間再発率は5%といわれていて、20人に1人の患者が1年内に脳梗塞を再発すると言われていて、少しでもリスクを下げるようにしなくてはなりません。脳梗塞が起こっているのは危険因子があるからで、それを意識して生活しなくてはなりません。

 

発症のリスクを抑えるためのポイントは、まずは食事です。塩分が多い食事は血圧を高めますし、また血液がドロドロの状態では脳梗塞のリスクが増えてしまいます。

 

健康食品を利用することによって、大きな食事の変化を生じずに血液や血管によりよい状態を作ることもできます。とはいえ、できるだけ食事の改善と併用していきましょう。

 

また、水分補給は重要なポイントです。水分が不足すると血液の濃度が高くなり、そのために血流は滞りやすく、血管も詰まりやすくなります。逆に多すぎると血液量が増加して血圧が高まるので、適度なバランスが求められます。

 

脳卒中になりやすい人は、生活習慣病を患っている人が多いので、運動や生活習慣の見直しによって生活習慣病を改善していくことが大切です。

 

そして、病院で処方された薬を継続的に正しく使用しましょう。自己判断で治ったと考えずに、しっかり指示に従って治療を続けることが大切です。

更新履歴