MENU

脳梗塞予防と血栓対策にナットウキナーゼ

脳梗塞の予防や再発防止のためには血流を保つことが大切ですが、そのために納豆が注目されているのをご存知でしょうか。納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素が、その理由です。ナットウキナーゼは納豆菌が大豆を発酵させる過程で生成されるものですが、275個のアミノ酸から作られているたんぱく質分解酵素です。ナットウキナーゼは大豆食品の中でも納豆にしか含まれていない特有の酵素なのです。

 

それがどのように血流改善に有効なのかというと、ナットウキナーゼは血栓の主な成分になっているタンパク質やフィブリンという成分を分解することができるのです。いわゆる血栓に有効とされている成分は他にもありますが、その成分は血栓予防には効果があるけれども、一度できた血栓に対しては効果がないと言われています。今のところ、ナットウキナーゼはできてしまった血栓への働きかけができる唯一の成分なのだそうです。また、血液をサラサラにする作用によって、高血圧を予防し、血管・心臓への負担を軽減することができます。これによって血管系の障害を少なくすることができます。

 

ほかにもナットウキナーゼは血中コレステロール値を下げてくれるので、脂質異常症による動脈硬化の進行を抑制することができ、結果脳梗塞の予防にも繋がります。ナットウキナーゼは体内から半日ほどで無くなってしまいますから、できるだけ毎日摂取することが望ましい成分です。毎日納豆を食べるのが辛いという人は、健康食品やサプリメントを利用するのが良いでしょう。