MENU

脳梗塞と脳卒中の違いは?

脳卒中、脳梗塞、脳出血、いろんな脳の病気がありますが、多くの人は具体的な違いがわからないまま「危険な病気」として認識している人が多いのではないでしょうか。脳卒中というのは、脳の障害が起こることによって急に倒れたり意識を失ったり、命を失うこともある状態です。実はこの脳卒中は医学用語ではなく、「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」などの総称として一般的に使われている言葉です。つまり、何かしらの脳のトラブルによって危険な状態になることを脳卒中と言っていて、その原因や症状を正確に示しているのは他の呼び方なのです。

 

脳卒中において、脳梗塞というのは脳の血管が詰まったり、狭くなりことによって、血流が悪化し、それによって脳細胞に十分な栄養や酸素が回らなくなり脳が障害される状態です。同じようなことが心臓にあると心筋梗塞となります。また、脳の血管が破けるものには、脳出血とくも膜下出血があります。これらは総称して頭蓋内出血と呼ばれることがありますが、脳の血管において出血が起こった際に、その位置や出血した先がどこかで判別します。脳出血というのは脳の中に出血が起こっている状態で、くも膜下出血というのは、頭蓋骨と脳の間にあるくも膜の下に出血が起こっている状態です。

 

こういった脳卒中の多くは、脳細胞の死滅やダメージとなるために、治療が成功したとしても後遺症が残ることが多く、できるだけ避けることが肝要です。共通して高血圧や血中の脂質の量、糖尿病などの生活習慣病が問題となりやすいので、普段から注意しておきましょう。