MENU

脳梗塞にはどんな種類がある?

脳梗塞というのは、脳の血管が何らかの原因で詰まってしまったり、狭まってしまうことによって血流が滞ったり止まってしまうことによって、脳細胞が障害される病気です。血液は脳に酸素や栄養を届けていますが、これが不足することで脳には深刻なダメージが与えられることになります。

 

この脳梗塞ですが、血栓性、塞栓性、血行力学性の三つの原因によって起こります。血栓性では、動脈硬化から血のかたまりである血栓が生じ、これによって血流が悪くなります。症状は緩やかに生じるため自覚症状に乏しく、一時的に症状が出たり直ったりする一過性脳虚血発作が見られる場合もあります。塞栓性とは、血栓が血管を閉塞させて血流を完全に止めてしまうものです。心房細動を持つ人に多く見られ、症状は突発的に起こtります。太い脳血管が詰まると重症になるケースが多いので要注意です。血行力学性とは、脳の主要な動脈に狭窄・閉塞が起こっているために、血流が悪化している状態で、急な血圧低下・脱水症状・貧血などが生じると血流が急激に低下して脳梗塞症状が起こります。

 

脳梗塞は、閉塞する血管の太さや詰まり方によっても分けられ、細い血管が詰まるラクナ梗塞、太い血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞、心臓にできた血栓によって脳の太い血管が詰まる心原性脳梗塞など、いろんな種類の脳梗塞があります。こういったものを検査で確認し、適切な対処を行うことが脳梗塞治療では重要です。