MENU

脳梗塞に酵素が有効な理由

血液をサラサラにすることが脳梗塞予防には重要ですが、そのために重要なのが酵素です。酵素は人間の身体の中に存在していて、食物の消化吸収や、代謝に特に影響しています。実際にはその他の人間の活動のほとんどは酵素が無ければうまくいきません。食物を通して摂取できる酵素は消化と代謝のために使われています。酵素が不足すると新陳代謝や抗酸化作用が弱くなってしまい、そのために血液や血管の状態も悪くなって、脳梗塞の危険因子となる生活習慣病も多く生じるようになっています。そのため、今酵素の摂取が注目されるようになっているのです。酵素は体内で生成できる量に限りがあるので、それが消化のために多く使われるとその分代謝のための酵素が少なくなってしまいます。代謝よりも消化が優先されるので、体内に酵素を多く摂りこむことによって代謝の酵素を増やせば全身に健康効果をもたらすことができます。

 

血液には、全身に酸素や栄養分を届ける一方で、余計なものを排出する働きがありますが、酵素を摂取するようにすると消化酵素として使われ、その消化酵素は血液の粘性を下げる働きがあるために血液をサラサラの状態に改善してくれるようになります。血液がサラサラになり、そして代謝が活発になれば自然と血流もよくなっていきます。それに伴い、生活習慣病や脳梗塞のリスクも下がっていきます。仕組みからもわかるように、それだけでなく全身へ様々な健康効果がありますから、酵素は積極的に摂取するようにしましょう。